コメント

コメント書き直してたら長くなりそうだったのでこちらに書きます。最近記事も少ないので記事数稼ぎ!

No title
deroruに関して移動不可鈍足が入らないのはローワーのせいです
魔命がたりなくてレジるとすればブロック中だけだと思います

以前(3.5時代だったきがする)すぺちゃんがderoruを倒してたのでその録画を見るといいと思います
http://www.ustream.tv/new/search?q=%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93&type=all



コメントありがとうございます。ネタがないので助かります(笑)
スペちゃん動画が途中から固まって見れないので自分の名前で検索したら、前回の記事の録画は
出てこなかったけどその次に当たった時の録画がでてきたので参考までに見てみてください。

http://www.ustream.tv/recorded/36110827

ちょっと解説すると、この時はディープスリープお試し中で無謀にもサプラ抜いてます。
前回(記事に書いてたように)ブースト中でもレジが出てた感じがするので、初戦は相手のブロックが
見えた時にブースト使わずに温存してます。そして死んだ後にブーストを使用してますが、結構レジでてる
のが分かると思います。私の装備が3.0仕様でかつ魔法命中全埋め装備を持ってないのが原因ではありますが
ブースト中に限れば魔法命中2400後半はいくので3.5時代より相手の抵抗装備が強力になってるは
確かだと思います。それがごく最近のことだからなのか、すかるさんの装備が4.0仕様でこの差が気に
ならないレベルなのか、どちらかなのかな。
ちなみに最終ラウンドでブーストにブロックを速攻で合わされてお手上げ状態でした。

ローワーについては、初期の頃に痛い目を見てるので盾を構えるタイミングは結構気にしてます。
基本、こちらがCC詠唱するか相手が引き出したらローワー入ってると思った方が良いくらい切り替えが
早いですよね。
あと、すぺちゃんはスノーアーマー持ってたはずなので戦いの組み立て方が違って参考にし難いかも・・・。
動画が見れないのが残念。



スポンサーサイト

スペルで修練

メロディのもっさりに慣れることができなかったのと、修練でメロディ動かしてる人達と比べて装備や
センスの壁を感じたのでメインをスペルに戻しました。まースペルもそんなに変わりませんが(笑)

ツイッターを始めてからアイオンで感じる愚痴から何まで思ったことをそのまま書き殴ってるので
なかなかブログ更新する気がおきなくなりましたが、あまり更新しないのも面白くないので修練の感想でも
書きたいと思います。

まずは混沌修練から。しんえぃちさんが呼びかけてたので参加。人数が足りなかったので私の方からも
ツイッターで呼びかけたところ他鯖から対人好きな人達が参戦してくれました。
合計何回やったか分かりませんが、私は4回ほど参戦しました。


1回目
ww1.png

ずっと下位に低迷してたけど3Rが屋敷ステージでNM2匹と執事何匹か倒せてすべりこみで1位。


2回目
ww2.png

ずっと下位に低迷してたけどそのまま下位でフィニッシュ。


3回目
ww3.png

最後がムームーで入れ替わりが激しかった気がする。よく覚えてない。


4回目
ww4.png

よく覚えてないけどさすがのえれっとさんでした。

全体を通して感じたのは、ポイントゲーステージ(ムームー、屋敷)以外ではしんえぃちさんをはじめ
プレートレザー陣のポイントの伸びが早くて追いつけないこと、ジョン万さん(ソード)が最初から最後まで
常にトップ争いをしてたのが印象的でしたね。あと、メロディは瞬間火力もあって回復もあるので
混沌ではかなり強い部類に入ると思っていましたが、キュアのような瞬間回復力はないし、スピのように
相手をすぐに封じる手も少ないので組み合わせやステージによると思いますが、総合的に上位に行くのが
かなり難しそうな印象を受けました。そのなかで最後の1位はさすが。





ここから孤独修練。SSはとりこぼしてるやつ以外全部。ボウバレット連チャンでボロ負け続きだった時の
SSをかなりとりこぼしてるみたいです(笑)


ee1.png

あまり覚えてないけどやっぱり覚えてない。


ee2.png

れいがんさん。対バレットの初戦はスペルがかなり有利な感じがする。


ee3.png

落下死があってポイントで勝ってるけど内容は負け。落とせる気がしなかった。


ee4.png

修練経験が少ないようでバフ待ってたりしてくれたみたいだけど気付かず全ぶっぱ。


ee5.png

色々説明した後の2回目はやっぱり苦戦。修練の戦い方をされると歯が立たなくなりそう。
ちなみに、SSとりそこねてるけどイズのボウの人と名前忘れたけどどこかのボウの人に1Rか2Rで
ストレートKO負けしてます。レジレボ2回回避の壁が厚い。


ee6.png

れいがんさん。これはたしか惜しかった気がする。バレットはまともに被弾すると神石でまくりでやばい。


ee7.png

1R開始直後mob後ろ沸き沈黙でペース掴めず終始後手。3Rのポイントゲーで勝ってるだけで結果通り
内容負け。これで伸びてない感じだったから強ソード怖い。


ee8.png

はじめての対メロディ。スペル有利なのに互角の勝負をしてしまった・・・と思ってたら次に当たった時は
ボコボコに惨敗した。SSとってなかったけど2-5とかそんな感じだったような。


ee9.png

沈黙神石、詠唱鈍化、沈黙の使いどころがいやらしかった。詠唱鈍化中は即時かCCしか撃っちゃダメだ。


ee10.png

初戦だけフルブッパでとれたけど今までになくかなりレジストされてた気がする(見る余裕なし)
魔法命中/増幅の複合魔石を入れたくなった。


人が少なくなった今でも孤独修練は22時以降申請すると割とすぐにマッチングされますね。
連戦仕様ですがお手軽に対人が楽しめていい感じです。



共闘考察

このブログを初めて間もない頃に「混沌の共闘を晒していきたい」と言いましたが、
全鯖マッチング実装後はほとんど共闘を見る機会がなく動画もまわしてないことが多かったので
面白い絵が撮れてません。なぜ全鯖マッチング実装後に共闘を見る機会が少なくなったのか。
同時期に栄光の闘技場も実装され、混沌での2位以上の価値は上がったはずなのに共闘の数は減って
きている。理由としては次のようなことが考えられます。 

1.全体人口、混沌参加者が減った
2.終了後に退出しても結果画面に名前が残るようになった(証拠隠滅ができない)
3.参加人数制限が10人から8人になった
4.ハイレベルになった(全鯖マッチ、混沌上位職・上位者の固定化)


混沌で共闘を晒される、共闘を疑われる層は、ごく一部を除いて対人に積極的でない人が多いように
思えます。なのでもともと共闘しても下位に低迷することが多く大して騒がれなかった上に、上記理由に
より、全力で共闘しても全く上位が狙えなくなったことが共闘を見る機会が減った大きな理由では
ないかと思います。

そんな共闘事情ですが、そもそも共闘って何?って人はまずこの動画を見てください。
古い動画ですが混沌共闘でググったら一番上にでてきます。





露骨にやりすぎて共闘してるのにポイントの伸びが悪いというお粗末な内容ですが、他人をイラつかせる
要素が高くカスのような行為だというのは分かっていただけると思います。
この動画が撮影された頃の混沌の仕様は、終了時に退場すると結果画面から名前が消えるので証拠を
残さないように全員が即座に退場するという計画的な犯行性もうかがえます。
しかし、現在の混沌で、この程度のレベルであれば、いくら露骨な共闘をしたところで最後のステージで
1位をキープすることは難しいです。
こういった共闘しても勝てるかどうか怪しいレベルの層、露骨に共闘する層がいなくなったので
騒がれることは少なくなりましたが、「ごく一部を除いて」と書いたように、即申請ドレドで他鯖にも
名前が知られていて、共闘をせずとも十分上位が狙える実力がある人達が共闘を疑われる行為をして
しまうケースがあります。

前置きが長くなりましたが、今回、この記事を書くきっかけとなったのがこちらのツイートです。


kyoutou1.png


一言で共闘と言っても「得点の伸びの高い人、最終ラウンドで逃げ切りやすい職、厄介な職を集中的に
狙う暗黙の共闘」や、スカイプを繋ぎ「勝ち役を決めてもう一人がサポートする共闘」、「どちらか
或いは両方が上位にいけるように動く共闘」など、他にもたくさんのケースがあります。
今回はどのケースに該当するのか見ていきたいと思います。


1戦目
kyoutou2.png


2戦目
kyoutou3.png



動画がないので証拠はありませんが共闘と疑われる主なポイントを説明すると

1.身内同士が連続で申請している
2.被害者が混沌の常連である
3.私自身が過去に被害にあったことがある


1は疑われて当然ですね。2は意外と重要なポイントで今回の発信者はあの松下さん。混沌の常連であれば
普通と違う動きをされると確実に違和感を感じます。ましてや、蒼月華蝶カムラさんクラスだと名前が
見えなくても2ラウンドもあれば大抵認識できます。(関係ないけどウポポさんもすぐ分かります)
こういった目立つ人たちは動きが理にかなっていて無駄がないだけに、こっそりと要所どころだけ
共闘してもすぐバレます。
3も2と同じですが、被害者加害者双方の情報を知っていること、被害者にしろ加害者にしろどちらか
一方しか知らなければ判断は難しいです。やってる側は軽い気持ちで覚えてないと思いますが
カムラ蒼月ペア、そして現在、蒼月さんのペアで昔はRustyさんと2人レギでくっついていた紀りゅさんに
やられたことがあります。カムラPTの人たちはPT戦だけでなくソロも上手いので尊敬してますが
勝つためになんでもやるカス集団という印象が昔からあります。


ryuhayabusa.png


ちなみに松下さんは「1戦目がタゲ合わせ集中で2戦目がリュウハヤブサが支援役で他を押し上げる作戦」
と見ていますが、私は少し違う感想でした。
彼らが結果的にカスだったとしても最初から計画的に共闘する気満々で入ってきたカスだとは思えません。
おそらく最初は、混沌のマッチングが長いことや、マンネリ打開のために3人揃って申請して、純粋に
混沌のPVPを楽しむつもりで入場したのではないでしょうか。
ところが、スピに攻撃されてイライラがマックスに達したリュウハヤブサが試合を捨てて粘着プレーに
走ってしまった。他の2人は得点上位の松下さんを普通に狙う。その結果、他の2人が知らないうちに
共闘のような形になってしまった。これが1試合目。
そして、1試合目の結果を見て、1位が松下さんであることが判明。粘着が失敗したリュウハヤブサ、1位を
取り逃したカムラさんが憤慨。さらに、前日にルナ封鎖で大騒動になった張本人が松下さんであることも
あって、全員が顔真っ赤私怨モードになって2戦目からは本格的な共闘開始。
つまり、共闘といっても最初から計画されたものではなくそれよりもカス度が1ランク下がる
「ついかっとなってやった系の共闘」ではないかと思っています。

身内で同時申請しても感情的にならなければ良いですが、混沌はどうしても感情的になるところだと
思います。開幕でスピにデバフ漬けで殺されて復帰後にたまたま同じスピにデバフ漬けで殺されて平常心を
保てますか。ラスト10秒で自分が2位で身内が1位。目の前に瀕死の1位(身内)とHPに余裕がある3位
(他人)がいる。セオリー通りに1位を攻撃できますか。
共闘が規約的にどうなのか分かりませんが、8人中3人が組んでいた場合、最後に生き残る可能性が
高いのは誰か簡単に予想できますよね。キャラ名非表示、チャット禁止は何のための仕様なんでしょうか。
より数を集めて組んで入場した方が有利になるゲームなんでしょうか。そんなのはクソゲーだと思ってるので
共闘と疑わしい行為は批判していきたいと思います。
今回の件は、過去の経緯と状況的に99%共闘だと思っているので違うなら反論して欲しいですね。


追記

kyoutou4.png


kyoutou5.png


1戦目の希望的展開予想が外れていたようです。残念。


あいおんRSS