スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペル装備更新

やっとアクセ更新できました。

更新前:60アビスアクセ+55アビスベルト
更新後:血戦アクセ

ステータスはこんな感じです。


kessen.png
※ブレイズローブとノクララ寿司使用、クリスクなし


火力面で見ると魔法増幅215アップ、魔法命中79アップ、魔法クリティカル59ダウン。
これって実際どれくらい強くなってるんですかね?

魔法クリティカルを考慮せず、増幅と魔命の関係であれば、単純に魔石換算値(魔石何個分強くなった)が
1つの指標になるけど、魔法クリティカルが絡むとこの指標は使えそうにありません。
だって魔クリ魔石の+5って数値、見るからに微妙ですよね・・・

そこで、魔法増幅と魔法クリティカルの効果を改めて確認してみることにしました。
先人たちが導き出した計算式、検証結果にあてはめてるだけで自ら検証はしてませんのでご注意。

まずは計算式の確認から

 スペルの与ダメ
  =表示攻撃力×(1+(魔法増幅-魔法相殺)/1200)×(1-属性防御/1300)×対人補正(50%)
   ×アビス装備補正×移動補正


前半が増幅や相殺に関わる部分、後半が属性防御や対人などの補正部分。
魔法クリティカル発生率は魔クリ数値(-魔クリ抵抗値)の1000分率で、魔法クリティカル発生時は
主要スキルのダメージが1.5倍になります。
自分の魔クリ数値を100、相手の魔クリ抵抗値を0、非魔クリ時の与ダメを1とすると
ダメージ期待値は1×90%+1.5×10%=1.05となり、ダメージ上昇率は5%になります。
つまり魔クリ+5魔石を入れると与ダメが0.25%上がります

対して、増幅は式の前半部分を見れば分かるように、魔法相殺を0とした場合、
増幅が0で表示ダメージ×1倍、増幅が1200で表示ダメージ×2倍、増幅がが2400で表示ダメージ×3倍
となるように増幅が低い方が増幅を増やした時のダメージ増加率が大きくなります。
グラフに示すとこんな感じです。



ggggq.png


このように、自分の増幅値と相手の相殺値によって増幅を増やした時のダメージ増加率が変わってくるので
自分の増幅値を3000、相手の相殺値を1500と仮定して、増幅魔石+28を入れた時のダメージ増加率を
計算すると、約1.04%になります
。魔クリの0.25%と比べて約4倍の上昇率です。対人で増幅-相殺が
カンストすることはまずないので魔クリ魔石はやはりゴミということになりますね。
(モブ狩りは知らない)

ということで魔クリを考慮した場合、装備更新でどのくらい強くなったかの指標として魔石換算を
用いるのは無意味なので、ダメージ増加率で見る必要があります。
先ほども書いたように自分の増幅値と相手の相殺値によってダメージ増加率が変わってくるので、
相手の相殺値を1500と仮定して、アクセ更新後(増幅215アップ、魔クリ59ダウン)の数値を見ていきます。

飽きてきたので結果だけ、今回のアクセ更新で約4.5%火力アップしました。
相殺538アップは自分と同じ増幅値のスペルと戦う場合、約16.3%の硬さアップでした。
PVP防御もびっくりの数値ですね。
物理クリ抵抗がごっそり減ってるのが少し気になりますが、全体的に見るとアクセ更新だけで
びっくりするほどパワーアップできました○

見直す気力がないので計算間違ってたら教えてください。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


あいおんRSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。